全福センター
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

よくあるご質問 Q&A

知りたい項目をクリックしてください
<共済金給付事業について
健康維持増進事業について
自己啓発・余暇活動事業について
その他>(会員証の利用方法・事業の申込ほか


Q 共済金給付にかかる申請手続きを教えてください。
A 結婚祝金から古希祝金の申請には、共済金給付申請書(祝金)を使用してください。
  傷病見舞金から死亡弔慰金の申請には、共済金給付申請書(見舞金・弔慰金)を使用してください。
  ※見舞金・弔慰金の申請には、別途全労済協会指定の用紙が必要となりますのでお申し付けください。
  ※印は認め印でもOKです。
  ※証明欄は会員事業所名と代表者名を記入し押印してください。
  ※親の死亡弔慰金申請には、会葬礼状等(写し可)を添付してください。
 
Q 共済金の受給申請に期限はあるのですか?
A 共済金給付の受給申請は、事由発生後3年を限度とします。
  他の補助金等の申請は1ヶ月以内に申請をお願いしています。
  なお、申請に必要な書類が調いましたら郵送でも受付します。
 
Q 共済金・補助金は現金で受け取れるのですか?
A 共済金・補助金のお支払いは、原則として申請を受け付けた日が属する月の翌月20日
 (金融機関がお休みの場合は翌営業日、傷病見舞金から死亡弔慰金については別途)に
  申請時指定された口座に振り込みます。
  ※振込先は、会員事業所の口座でも申請者個人の口座でも構いません。
Q 人間ドック・脳ドック・婦人科検診の補助を受けたいのですが?
A 人間ドック、脳ドックとも勤労者福祉サービスセンター(以下「センター」)が指定する医療機関で
  受診された会員の方が対象です。
  ①受診予約を取る
  ②センター事務局に利用補助券発券を依頼
  ③受診当日に利用補助券を医療機関の窓口に提出
  ④受診後1ヶ月以内に、補助金交付申請書に利用補助券を添付し補助金受給申請手続きをする
 
Q インフルエンザ補助を受けたいのですが、接種は指定する医療機関があるのですか?
A 指定する医療機関はありません
  ただし、自己負担金額が一人あたり1,000円以上であることを要します。
  また、申請は1会計年度内1回だけです。
  会員には1,000円・登録家族には500円(2名まで)を交付します。
  補助金交付申請には、インフルエンザ接種と明記された領収書(写)を添付していただきます。
 
Q 協会けんぽ以外の定期健康診断を受けたいのですが受診補助がありますか?
A 事業者が行うべきものなのでセンターからの補助はありません。
  ※
労働安全衛生法・労働安全衛生規則により、事業者は労働者に対し毎年定期的に
   医師による健康診断を行なわなければなりません。
  ※センターでは富士市医師会の協力により、指定する市内の医療機関にて割引料金で定期健康診断を
   受けることができます。詳しくは、センター事務局までお問い合わせください。
Q 富士市振興公社主催の講座を受けたのですが受講補助がありますか?
A センターの会員が受講された場合には受講料の補助がでます。
  申請には講座受講終了証書又は受講終了を証す書類を添付していただきます。
  
Q 通信講座受講料補助とありますが、NHK通信講座以外は対象とならないのですか?
A 補助の対象となる通信講座はNHK通信講座だけです。今後は他の補助も検討していきます。
 (割引で受講できるユーキャンの通信講座もあります。)
 
Q 「ふくりこFuji」で募集する事業の申し込みはどのようにすれば良いのですか?
A 会報で募集する「講座受講、各種チケット・共同購入斡旋など」の申し込みは
  ファックス葉書ホームページ『ジックZ』『各種チケット申し込み』からお申し込み下さい。
   ※ ○○バスツアーなどの申し込みは、ファックス・葉書・ホームページ『お問い合せ』
   (自動配信なし)からお申し込みください。電話での受付はしていません
 
Q おすすめツアーの申し込みはセンターで良いのですか?
A おすすめツアーは、センターが指定する旅行業者が主催するものなので、
  直接旅行業者に電話又はファックスでお申し込みください。
  その際、センターの会員であることをお伝えください。
 
Q ロゼシアターで催し物を見たのですが入場料の補助がありますか?
A ロゼシアター主催の公演であれば1年度内1回、会員及び登録家族に対して入場料補助がでます。
  ※申請には、公演チケットの半券が必要です。
 
Q 「施設利用補助券」(宿泊補助を含む)はどこで使えるのですか、無くしたら再発行できますか?
A 会員の皆さんに、年度当初「施設利用補助券(以下「補助券」)」をお配りしています。
  使えるお店・施設は補助券に記載しています。
  また、センターのホームページからもご覧いただけます。
  補助券は再発行できませんので大切に保管してご利用ください。
  補助券は、宿泊施設利用補助にも使えますので利用した宿泊施設で宿泊証明を受けておいてください。
 
Q 「ディズニーコーポレートプログラム利用券」とは何ですか?
A 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのチケットの購入代金、または
  アンバサダーホテルの宿泊料金から補助金分が差し引かれる利用券です。
Q 会員証の利用方法について教えてください。
A センターに入会しますと「会員証」が発行されます。
  会員証の提示で全国の契約店・契約施設が割引価格でご利用できます。
  会員証には、会員番号(9桁)・会員氏名が記載されますので、
  申請用紙記載の際やセンターに問い合わせの場合はお手元にご用意ください。

Q 会員証の再発行はできますか?
A 会員証は再発行できますが手数料として200円をいただきます。
  センター事務局までご連絡ください。
 
Q ホームページの活用方法について教えてください。
A センターが発行する会報に間に合わなかった情報やお知らせを日々更新しています。
  ①トップページから各種提出用紙がダウンロードできます。
  ②「施設利用補助券」「会員証提示で割引利用できる」お店や施設がご覧いただけます。
  ③「ジックZ」のバナーをクリックしてイベントの事業の申し込みができます。(自動配信あり)
  ④「各種チケットの申込」バナーをクリックしてチケットの申し込みができます。( 〃 )
  ⑤「全福センターの」バナーをクリックして全国の契約施設や旬な情報が見られます。
    詳細の情報を見るにはログインID「tk」・パスワード「zenpuku」を入力してご覧ください。

Q チケット等の受取方法は?
A 実券・金券をお申し込みの際に「センター事務局で受け取る」と希望された場合には、
  代金と引き換えでお渡しします。
 「郵送で受け取る」と希望された場合、簡易書留料金(310円をご負担いただきます)を
  代金に上乗せして請求いたします。
  
Q スマートフォンからの事業申込は?
A サービスセンターのホームページは、スマートフォンも対応しております。
  また、お申し込みもスマートフォンから行えます。


Q スマートフォンから申し込みをしたのですが事務局から返信がありません
A 申込み方法に関わらず、お申込みされた方法(FAX・電子メール・往葉書)で
  受付したことを必ず返信しています。
  ただし、スマートフォンからお申し込みされた場合には
  ・着信拒否を外す または
  ・『 
fuji-kyousai.zenpuku.or.jp 』のドメインを受信リストに登録してください。
   なお、設定の操作方法がわからない場合は各通信事業者にお問い合わせください。

Q 登録内容の変更や追加入会の手続きは?
A 「変更届」・「入会申込書」を提出してください。
  用紙は、ホームページ上部各種申請用紙からダウンロードできます。
  ネット環境が無い場合は、用紙を郵送しますのでセンター事務局までご連絡ください。
  なお、追加入会者の「入会金及び初回の会費」は現金又は振込で納めてください。
  次回以降の会費は既存の会員分と一緒に振り替えます。
 
Q 退会の手続きは?
A 月末までに退会届を提出(郵送可)してください。
  ※月末近くの時は事務局にお問い合せください。
  会員証も返却願います。
  ※会費は3ヶ月分を前納で頂いていますので退会する月により返金が発生します。
   返金は次の会費振替時に本来の請求額からその額を差し引くことでお返しします。